笑う女性

鼻の大きい悩みを整形で解決しました

美容形成で有名な銀座ヴェリテクリニックで団子鼻解消のために鼻の脂肪切除を行いました。

私は顔が小さいのに鼻ばかり大きいのが悩みで、とはいっても美容形成手術には踏み切れずにいました。

きっかけは、わきがの手術を美容外科で受けたことです。

実際のクリニックを利用したことで、美容外科手術も現実的に考え始めました。整形した、言われるのが怖いし誰にもばれたくなかったので、鼻の穴の中からの脂肪切除によるだんご鼻解消の手術なら傷跡が見えないのでばれないと思い、決めました。

クリニックのカウンセリングでは、二重瞼の手術をした方がかわいくなれるとしきりにすすめられましたが、それでは整形したとばれてしまうので強固に断り、予定通り鼻の脂肪切除のみ行いました。

手術中に医師が「あなたは鼻の穴がすごく大きいから鼻の穴の中から作業しやすくていいねー」と言われてすごくショックでした。

私にとっては全然よくないです。やっぱり人よりも鼻の穴が大きくてしかも団子鼻、とにかく鼻が大きいという事実を突き付けられました。団子鼻解消の手術の後、気の大きくなった私は小鼻縮小の手術も受けてしまいました。

傷跡は、、見えますが目立ちません。効果は抜群で、大き目ではありますがきれいな形の鼻になれました。

主人は私の鼻筋が通っているところがうらやましいと言います。

大きい鼻だと思って嫌っていた頃には、鼻が高いことなんて気が付きませんでした。

短所を解消して長所を生かすことが出来た美容外科手術に感謝です。



整形は計画的に。追加手術の失敗談

はれぼったい一重まぶたの私は、二重のきれいな目に整形したい、でも整形したのがばれるのは絶対イヤ、というおそらく多くの一重まぶたの女性が抱える悩みを持っていました。
そこで選んだ手段が、瞼の脂肪除去です。腫れぼったい瞼を少しでもすっきりさせるというだけの効果ですが、瞼の皮膚が目にかぶさっているため、この下の方から切開することで傷跡が見えないように手術できると言われました。
美容外科の医師からは脂肪切除と埋没法ではなく切開法による二重瞼にする手術を同時に行うことできれいな目を作れると勧められましたが、私の第一目標は「ばれない」ことなので、傷跡が目立たない脂肪切除のみにしました。
傷跡は確かに前からは見えませんでした。瞼を指で持ち上げると、まつ毛のラインより少し上に左右5mm、8mmくらいの長さのキズが見えます。左右で位置も大きさも不揃い。見えない前提だから文句はありません。それが、美容形成にすっかりはまってしまった私は、脂肪切除の効果だけでは満足できず、結局眼瞼下垂の手術と眉毛の下の皮膚を取り除いて目の上をすっきりさせる手術も受けてしまったのです。
そしたら最初の脂肪切除の切り傷がばっちり見えるようになってしまいました。しかもアイシャドウがこのキズの溝にたまってしまいます。段階的に美容外科手術を受ける時にはこのように予定外のことが起こります。
一つのクリニックでしっかりとカウンセリングを受け、最終形態を決めてから手術に取りかかったほうがいいですね。

WHAT'S NEW

TOP